VIO 脱毛 範囲

VIOの範囲ってどこまで?

 

VIO脱毛をメニューに加えるエステサロンが増えてきていますが、VIO脱毛は今や女性の身だしなみと言えるようになったのかもしれませんね。

 

VIO脱毛とは、Vはビキニライン、Iは性器の周り、Oは肛門周辺の脱毛の事です。

 

Vライン

 

主に正面から見た際に見える部分のデリケートゾーンに生えている毛のことを指します。
自分でも見えやすいので、日頃から処理している人も多いかもしれません。

 

ただ、それだけに自己処理で失敗して、キズや黒ずみが起こっている人も多い場所です。

 

エステによって、上下パーツ、サイド、トライアングルなど部位の分け方や名称が結構違うことあるので注意しましょう。

 

Iライン

 

性器の両サイドに生えている毛のことを指します。
ここは見えにくい、処理しにくいということから、処理していない人も多いのでは?

 

実はここの脱毛はムレやかぶれを防ぐことができるので、やって良かったという人が多い部位でもあります。

 

Oライン

 

おしりの穴の周辺の毛のことを指します。

 

ここに毛が生えている人は少ないとも言われていますが、それだけに生えているとちょっと恥ずかしい場所でもありますね。

 

Iライン同様、衛生的な観点からも処理しておくのがオススメの場所です。

 

 

VIOラインはエステサロンで脱毛する人が多い部位

 

最近では家庭用脱毛器なども出てきて、脱毛を自己処理で行う人も増えてきていると思いますが、VIO脱毛だけはどうしてもデリケートゾーンで難しいため、サロンに通うという人が多いそうです。

 

Vラインの脱毛にも今やトレンドがあるそうです。
一位は三角形。一番自然な形で男性からも違和感なく受け入れられるそうです。二位にハート型。これはVIO脱毛がメジャーになってから、人気が急上昇しているそうです。そして3位が卵型。オーバル、楕円という名前のエステサロンもあるようですが、意外とスタイリッシュな仕上がりになるそうです。

 

一方で、IラインとOラインについては基本的には毛を一切なくしてしまうという方がほとんどだそうです。女性にとって排泄物が当たってしまう可能性のあるこのラインはできるだけ衛生的に保ちたいですもんね。

 

 

>>> VIO脱毛におすすめのエステはこちら!